スポンサードリンク

2020年11月08日

美人局に引っかかった元夫

うららかな日差しがまぶしい本日

が、コロナ150人越えで蝦夷地大騒ぎ〜

早く終息していただきたいわ

では。

汚写真行きまーす

577C700A-D632-4D4F-9A56-33B37454C7A7.jpeg

なんじゃこりゃ?の見た目ですわね?

ふふふ。

正解はネギ餅〜

2枚こしらえて一枚はオヤツにいただきました。

子供の頃はおネギ大嫌いだったのに

味覚って年とともに変わるのよね

そうそう、それでね

タイトルの美人局

ツツモタセって悪どい犯罪なのに

漢字で書くと美人局。。。

なーんか、

美くしい秘書さんがうじゃうじゃいる

特別な部署みたいじゃない?

で。

この後書くと思うけど

兄弟同然に育った従兄弟がとある事件で殺害されて

犯人がなかなか見つからず迷宮入りになりかけた時

別件の殺人事件で犯行がバレて捕まって

捜査のために(ほぼ家族みたいな従兄弟だったので)

一年中刑事さんたちが出入りしていた我が家から

やっと引き上げた頃だったわ

その頃のわたくし

生まれるまでツワリ→出産→ツワリ→出産、育児、、、と。

2人の育児で四年ほどマトモな睡眠が取れなくて

そこへ、殺人事件でヨーレヨレ、、、

とりま。

犯人が捕まって一安心〜

とは、いかなかったのさね

この頃、義父さんは亡くなって義母さんと同居中

未だサイコパスの牙を剥く手前の元旦那は

仕事だと言ってほぼ深夜帰宅or外泊

子供達と義母さんと夕餉を囲んでたら

家電が鳴って、出ると

「オタクの旦那さん、家にいないでしょ」と

見知らぬ女性の声

?ハテナマークのわたくし

それから毎晩のように、笑いを押し殺した声で

「旦那さんの居場所、知ってる?」とかetc

で。

毎晩電話が来る頃には元旦那は家に帰っていないし

わたくしが相手してたんですが

とうとう女性に代わりラスボス登場〜

ドスの効いた怖い系のお兄さま?おじさま?が

「xxxxxxxxxxxxxxxx.〜、、!!」と

電話越しにわめきやがりましてね

要約すると。

俺の女に手を出したー

許せないー

許して欲しかったらー

お金を持って来いっー

って。

元旦那に伝えろって事でしたわ

わたくし生まれて初めて

犯罪者と電話でお話ししちゃったのw

さて。

それからは元旦那が帰って来た時に試合開始〜

家庭内修羅場ざます。

ちょうどその時、美人局本部から電話

焦って電話に出る元旦那

ふむふむ、うん十万円を封筒に入れて

美人局本部のポストに入れる事で決まった模様、、、

こ、これはいわゆる美人局。。。

ちょっと怖いヒトのオンナといけない事をしちゃったので

お詫びにボーナスが飛んじゃうくらいのお金をむしられる〜

こんな時に、警察のお偉い方々と

ぶっといパイプを持った義父さんが生きていたら

元旦那の不始末を片付けていただけたのにね

元旦那よ、残念だったわね?よ

話はここで終わりませぬ

まんまとお金をむしり取られた後

警察に被害届を出すべく

殺人事件で始終我が家に出入りしていた

刑事さんに我が家に来ていただき相談していた時のこと

義母さん、タバコを片手に乱入〜

「あら〜、お忙しいのに嫁がご迷惑をおかけしちゃって」

「この人の勘違い!なんですよ。」

さすが水商売の長かった義母さん

夜遊びもせず、真っ当に仕事に励む

公務員を騙すなんてお茶の子さいさい

結果

わたくしが育児ノイローゼで

元旦那の浮気を疑って

哀れな被害妄想ってことに。

当然被害届も出せずじまい、おしまいちゃんちゃん

憎っくき義母さんも亡くなったし

当時の美人局コンビはどうしているかしら

ヒトを苦しめると必ず返って来るから

タタリでコ◯ナにかかって苦しんでるかもねー

あはははー
posted by sally-m at 13:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
応援していただけるととても嬉しいです。皆さまにいっぱい幸せが訪れますように!
スポンサードリンク